ペット産業急拡大中!関連市場は、およそ1兆4000億円!!

 

ペット産業に参入相次ぐ

 

少子高齢化が進む中で、新たなマーケットが注目されています。

 

15歳未満の子どもの数は32年連続で減少していまして、現在およそ1650万人なんですが、注目はこちらなんです、ペットとして飼われている犬と猫の数はじつに2100万匹ということで、近年子どもの数より多いということなんですね。

 

そして、この市場をめぐっていろいろな企業の参入が相次いでいます。

 

愛犬の食事に気を使っていますか?
こちらのドッグフードが気になる方はチェックしてみてください。↓↓↓

 

≫100%無添加ドッグフード
100%無添加ドッグフード

 

ペット産業急拡大
異業種が参入

 

日本最大級のペット用品の見本市に来ています。
ペットということで、森本さんの愛犬モコもいっしょです。

 

今回が3回目となる、ペット産業の見本市「Interpets(インターペット)」。
国内外から236社が参加しています。
年々規模が拡大する中で、今年はある特徴があります。

 

トヨタのブースがあります。しかも自動車も展示してあります。
なんか犬と関係あるんですかね。

 

トヨタが展示していたのは、犬用のフロアマットやシートカバーなど、この冬に導入予定の新商品。
全てトヨタの純正品です。

 

このシートカバーは、車のなかで犬が自由に動き回らないように、シートで囲ってくれます。

 

トヨタマーケティングジャパン
宍戸 智彦 マーケティングディレクター
「子離れしたシニア夫婦が犬を飼うケースも多い。
トヨタに少し親近感を持ってもらえれば、次に車を買うときにトヨタにしようか、と思ってもらえる。」

 

ペットを飼育するのは、比較的富裕層も多いと見て、新たなマーケットとして期待できるといいます。
森本さんのペットも快適そうでした。

 

医療機器メーカー、テルモもマイナスイオンを使った消臭機器で参入。
モンベルは犬用アウトドア用品を展開するなど、多様な業種が参入します。

 

ここは、犬・猫・家、住宅関連ですね。
リフォーム業界もペットに着目しています。

 

ペットと暮らすためのリフォーム体験コーナー。
さまざまなアイデアが展示されています。

 

ミツウロコ
廣谷 賢 さん
「こちらのフローリングが滑りにくくなる加工がされています。」

 

森本さん
「試して見ました。
加工したフローリングに行くと、しっかり立てるというか、あんまりツルッとしないんですよね。」

 

今やペットの7割が室内で飼われているとも言われる中、ペットに優しい家作りのニーズは増えていると言います。

 

ミツウロコ
廣谷 賢 さん
「ペットもどんどん高齢化しているというところが、以前と比べて寿命も伸びていますし、バリアフリーを必要としている。
こういう事業や需要は、ますます増えてくると思っております。」

 

床だけでなく、壁も。
壁には、小さい穴が開いていて、消臭効果や湿度の自動調整が可能。
開発したのは、リクシル。
ペットという切り口を加えることで、受注増加を目指します。

 

LIXIL(リクシル)
和田 直子さん
「ペットのために選んだ素材の機能を知っていただくことで、商品を使っていただくキッカケにしていただければいいかなと考えております。」

 

ペット関連市場は、およそ1兆4000億円。
異業種の参入は今後も増えそうです。

 

 

進藤さん
「非常に快適そうというか、本当にペットのためのものが揃っているんですね。」

 

森本さん
「一見ペット専用ペットのための開発と思っていたんですが、実はフタを開けてみると、ペットに優しいということは、においがしないですとか滑らないとかバリアフリーということで、ゆくゆくは人間にとっても過ごしやすい、快適な商品の開発につながるということです。
そういう意味では、市場の広がりとか裾野は大きい市場だということでした。」

 

愛犬の食事に気を使っていますか?
こちらのドッグフードが気になる方はチェックしてみてください。↓↓↓

 

≫100%無添加ドッグフード
100%無添加ドッグフード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です