108種類打てるくぎ打ち機登場!!「HN-50N2」

 

108種類打てるくぎ打ち機

 

1台でたくさん打てます。

結構スゴイ音がしているんですけれども、今何をされているんですか?

 

詳しくはコチラ→→→

 

マックス
大塚 武晴さん
「くぎをバンバンと打っていました。
建築の現場ではたくさんのくぎが使われているんですけれども、今回の機械ではそのうち108種類を1台で打てるようにした、というところが新しくなっております。」

 

こちらのくぎ打ち機、業界最多の108種類のくぎを、1台で打てるというものです。
これだけ多くのくぎを打つのには、これまで2台の機械が必要でした。

 

1台にできた秘密は、機械の先端部分にあります。

 

マックス
大塚 武晴さん
「108種類に対応したのは、先端の部品を2種類用意することで、実現することができました。」

 

1mm程度、口の大きさが違う2つの部品を付け替えることで、多くのくぎに対応できました。
【口径】
細いくぎ用 6.1mm
太いくぎ用 7.35mm

 

現在、住宅用のくぎは1000種類もあって、それに対応するため、くぎ打ち機も増えてきました。
できるだけ機械の数を減らしたいという、現場の声から生まれた製品だと言います。
実際、大工の方に話しを聞いてみると、

 

大工
本田 英樹さん
「先端を変えるだけでいろいろ打てるということなんで、結構便利じゃないかなと思います。たくさん持ち歩かなくていいということ、財布に優しいということ、何台も買わなくていいということになるので、それは大きいと思います。」

 

「HN-50N2」価格は9万9750円で、9月30日発売です。
ただですね、発売時期にも狙いがあるといいます。

 

詳しくはコチラ→→→

 

マックス
大塚 武晴さん
「復興需要というのも広がっておりますし、消費税増税前の駆け込み着工も徐々に広がっておりますので、このタイミングで投入することで、より多くの方に使っていただけると考えて、この時期に発売いたします。」

 

作業の煩わしさもそうだったんですけれども、今まで価格面で2台必要だったときは、それぞれ10万円10万円かかっていたんですけれども、今回その半分のコストで済むということで、お財布にも優しいということで、現場にも好評ということです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です