ハロウィンの本場アメリカでは魔女姿が人気!?

 

ハロウィンは魔女姿で

 

アメリカでは、ハロウィンで着る衣装の販売が佳境を迎えています。
ニューヨークからお伝えします。

 

アメリカで今年最も人気があるハロウィンの衣装は、魔女です。
全米で500万人以上が、魔女になると予想されています。

 

日本のハロウィン衣装はコチラ

 

ハロウィン
一番人気は“魔女”

 

ハロウィンの衣装専門の通販サイトでは、31日の本番を前に最大6割引きというセールの真っ最中です。

 

ハロウィン衣装通販サイト
buycostumes.com

 

4500点以上の衣装を揃えたこの通販サイトでは、NHKのキャラクター『どーもくん』を45ドル、およそ4400円で売っているほか、バナナやベーコンなどペット用のユニークな衣装も取り扱っています。

 

全米小売業協会のハロウィン仮装調査によりますと、大人の一番人気は魔女で、今年は514万人が魔女に変身すると予想されています。

 

次いで人気があるのが、バットマンの292万人です。

ニューヨークの専門店では23日、大人用のバットマンの衣装が既に売り切れていました。

 

ただ、衣装やお菓子などを含めた2013年のハロウィン関連の支出は、2012年より12%減って、69億ドル、およそ6700億円になる見通しです。

 

支出が減ることについて全米小売業協会は、経済状況が消費者心理の重しになっていると分析しています。

 

日本のハロウィンの衣装をお探しならコチラ↓↓↓

 

日本のハロウィン衣装はコチラ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です