ブロックで組み立てる電子楽器で自宅で簡単DJ気分!?リトルビッツ

 

ブロックで組み立てる電子楽器

 

組み合わせは自由自在です。

 

ブロック型の12個の部品。
組み立てると、シンセサイザーという電子楽器になるそうです。

 

まずはマニュアル無しで、組み立ててみました。
音は出たんですけど、難しかったので助け船をお願いしました。

 

コルグ
坂巻 匡彦 さん
「これをつなぐと、勝手に演奏しだす。
さらに、フィルターと言われていて、回してみてください。

 

上手く組み合わせると、いろいろな音楽的な表現ができる。

 

そんなことをあまり考えなくても、適当に組み合わせるだけでできちゃうんで。」

 

電源、音の発生器とキーボードや自動演奏器、音の加工装置や分岐・合成器、スピーカーなどで構成されています。

組み合わせは自由で、無数の音が作れるといいます。

 

コルグ
坂巻 匡彦 さん
「順番を変えるだけでいろいろな可能性が生まれて、シンプルなものになっているので、すごく面白い音を作るシンセサイザーの世界を皆さんに体験してもらえる。」

 

今回の商品とは別売りで、パーツに互換性のある、電子回路の工作キットも同時発売される予定です。

 

littleBits(リトルビッツ)EXPLORATIONシリーズ
価格 1万1000円から 12月中旬発売予定

 

組み合わせれば、例えばこんな使い方も。

足で踏んだ圧力を感知して、音が鳴るブーツなどが作れます。

 

音楽を奏でるシンセキットは、1万6000円で、12月中旬発売予定です。

littleBits(リトルビッツ)Synth Kit(シンセ キット)

 

 

進藤さん
「あの~何のために?と思ってしまうんですが…」

 

大澤さん
「自宅で簡単にDJ気分を味わえる、ということで価格も普通のシンセサイザーだと数万円から数十万円するので、価格も抑えて自宅で簡単に使えるのがコンセプトだと、いうことです。」

 

ちなみに普通のシンセサイザーは

こんな感じです→→→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です