デジタルカメラの年末商戦は“プロへの憧れ”をくすぐる!?

 

“プロへの憧れ”くすぐるカメラ業界

 

デジタルカメラの年末商戦。
消費者の向上心をくすぐることで、販売増加を目指します。

 

各社のデジタルカメラを並べて見ました。
本当にいろんな種類がありまして、まずはコンパクトタイプです。

 

手軽なんですけれども、高性能カメラを搭載したスマートフォンに押されて、少々苦戦気味となっています。

 

【コンパクトタイプ一覧】

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

【送料無料】フジフイルム FinePix XP200BL ブルー

【送料無料】フジフイルム FinePix XP200BL ブルー
価格:17,260円(税込、送料込)

詳細はコチラ→→→

 

次に本格的な一眼レフです。
ただ、まだちょっと値段がという方も多いようなんです。

 

【一眼レフタイプ一覧】

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

 

こうした中、一眼レフとコンパクトタイプの間くらいの位置づけとなっていて、今各社がどんどん新製品を投入しているのが、ミラーレスです。

 

【ミラーレスタイプ一覧】

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

詳細はコチラ→→→

 

大きさ的にも間くらいになっています。
あの手この手で年末商戦に挑む、カメラメーカーの戦略を追いました。

 

一眼レフ超える?
ミラーレス技術

 

写真にこだわるアマチュアカメラマンが増える中、メーカーが力を入れているのが、ミラーレス。
年末商戦に向けて、各社が新製品を展開しています。

 

ミラーレスの最大の特長は、小型で軽量。

 

一眼レフは、鏡で反射させて被写体を見る仕組みですが、ミラーレスは鏡を無くし、センサーで画像を表示することで小型化を可能にしました。

 

さらに構造上、画像とフォーカスを別々のセンサーで処理する一眼レフと比べ、ミラーレスはセンサーを統合することが可能に。
開発資源を集中することができ、技術の向上につながっているのです。

 

スマホ撮影は卒業
取り込めカメラ女子

 

軽くて簡単に使えるミラーレス。
オリンパスがターゲットにしたのは、スマートフォンで写真に目覚めた女性です。

 

講師の方
「本日はカメラの構え方から、簡単な皆さん楽しんでいただける撮影方法をご説明します。」

 

この日開かれたのは、女性限定のミラーレス講習会。
背景のぼかし方を教えていました。

 

講師
「45ミリの単焦点レンズを使用すると、きれいなぼかしが得られるレンズになっております。」

 

プロのように、レンズが交換できるミラーレス。
コンパクトデジカメよりも、被写体を際立たせることができます。

 

参加者
「後ろがボケているので、撮りたいものがきちんと分かる。
スマートフォンの画像がきれいに撮れるようになってきたので、逆に欲が出て、デジタルカメラよりもっといい写真が撮りたいなと思った。」

 

オリンパスイメージング
片岡 摂哉 部長
「スマートフォンを使うユーザーが、よい良い写真を撮りたいと。
そのステップアップユーザーのニーズを捕まえることで、より高価格なもの高機能のものの市場は、むしろ伸びている。」

 

プロもミラーレス時代
体験談にアマくぎ付け

 

ミラーレスの良さをプロに語ってもらおうと、メーカーによるプロの獲得競争が熱を帯びています。
先週、トークショーを開いたのは、プロカメラマンの小原さん。
人気の動物カメラマンです。

 

動物写真家
小原 玲 さん
「自分の赤ちゃんを撮るときに、大きなカメラでバタバタと撮らない。
ようやく眠った。そっと、カチャカチャ。」

 

ミラーレスの特長は、静かなシャッター音。
その特長を生かし、野生動物の豊かな表情をとらえてきました。
プロの体験談に、観客はくぎ付けです。

 

動物写真家
小原 玲 さん
「繊細な線を細くする描写を、ちゃんと分かってやってくれているのは富士フィルムだけ。
ここのカメラでないと、このやさしい描写は写らない。」

 

小原さんは、元々一眼レフを使っていました。
どうしたらミラーレスを使ってくれるのか。
富士フィルムは、プロを振り向かせるため、ある行動に打って出ました。

 

富士フィルム
飯田 年久 さん
「何度も何度もお目にかかって、アドバイスをもたった。
一つずつ直していって、一緒に商品を作り上げていった、という中で築いた関係です。」

 

プロが納得するまで改良を重ねたことで、ミラーレスながらプロ仕様並みの性能を備えることができました。

 

FUJIFILM X-E2

詳細はコチラ→→→

 

富士フィルム
飯田 年久 さん
「実際に仕事で使っていただいている、プロの写真家の皆さん。
彼らの口で「このカメラがいいんだ」、富士フィルムの「色がいいんだ」、と言っていただくのが一番響くと思っております。」

 

若手アマを大抜擢
プロへの憧れくすぐる

 

プロを取り込むのでは無く、プロを育て上げようとする動きも。
水谷吉法さんはアルバイトをしながら、生計を立てています。
趣味はカメラ。

 

街中を歩きながら辺りを見渡し、とにかく撮影するのが水谷さんのスタイルです。

 

水谷吉法さん
「わらに包まれた感じが、人間の腹巻きみたいに見えて、僕はいいなと思って撮影したんですけども。」

 

何気ない風景を、独自の感性で切り取ります。
そんな水谷さんに目を付けたのが、パナソニック。

 

発売前のミラーレスを無償で貸し出しました。

 

水谷吉法さん
「大きいカメラを持ち歩くときは、苦になる。
構えたときに小さいので、あまり人が身構えない。」

 

世界最小を謳い文句に、年末商戦に望むパナソニック。

 

LUMIX GM

詳細はコチラ→→→

 

水谷さんを、あるプロジェクトに大抜擢しました。
パナソニックは、パリで開かれる写真展に協賛し、若手がアート写真を発表する場を提供。
水谷さんの作品も、展示されています。

 

水谷吉法さん
「パリでの展覧会ができるので、多くの人に僕の写真が見てもらえる。
すごく、いいチャンスだなと。
プロの写真家としての第一歩が始まったみたいな、僕の中での位置づけですかね。」

 

プロを夢見る若者を支援する狙いは。

 

パナソニック
北尾 一朗 事業部長
「単にハードを作っていくだけではダメ。
一般の方にも、アートなフォトに対する関心を高めてもらいたいということと、このカメラを使えば芸術的な写真が撮れる、ということを感じていただきたい。」

 

技術の力で、プロへの憧れをくすぐる最新カメラ。
メーカー各社の試みは、消費者の心を掴むことができるのでしょうか。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です