プレステ4発売!!ニューヨークで行列

 

プレステ4にニューヨーク行列

 

深夜のマンハッタンにも行列ができました。
ソニーは全世界に先駆け、アメリカ・ニューヨークで新たな据え置き型ゲーム機、プレイステーション4を発売しました。
ソニーの収益の牽引役となるのでしょうか。

 

深夜のNYに行列
PS4発売

 

現地時間、15日午前0時を過ぎました。
プレイステーション4、発売いよいよ始まりました。

 

今、お店の前には400人以上のお客さんが、いち早く商品を手に取ろうとカウンターに並んでいます。

 

プレイステーション3以来、およそ7年ぶりの刷新となる、プレイステーション4。
インターネットを通じて、交流しやすくしたのが特長です。

 

価格は、399ドル(約4万円)。

 

ソニーは、2014年3月までに全世界で、500万台の販売を見込んでいます。

 

メキシコからの客
「はるばるメキシコから来た。とても幸せだ。」

 

アメリカの客
「すべてのゲーム機を持っているが、ソニーが好きだよ。」

 

また、ライバルのマイクロソフトも、来週新機種「Xbox One」を8年ぶりにアメリカで投入します。
価格は、プレイステーション4より100ドル高い、499ドル(約5万円)。
専門家は。

 

ガートナー
ブライアン・ブラウ氏
「ソニーはマイクロソフトより100ドル安く、1週間早く投入し、メリットは大きい。
ゲーム愛好家は、ソニーを選ぶ人も多いのではないか。」

 

ソニーは、新型の腕時計型端末やスマホと組み合わせるレンズ型カメラなど、新分野の開拓に挑戦していますが、収益源にするまでには時間がかかります。

 

そんな中、コアビジネスの一つのゲーム事業がどこまで収益を牽引できるか、注目されています。

 

ガートナー
ブライアン・ブラウ氏
「PS4は、ゲーム機として大きな収益を上げるだろうが、それだけでなく映像・音楽などのサービスを通じ、どう人を囲えるかが勝負だ。」

 

プレイステーション4は、ソニー復活のカギとなれるのか。
年末商戦は、その試金石となりそうです。

 

一足先に購入したい方は、コチラをどうぞ↓↓↓

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です