アマゾン初のリアル店舗を出店でタブレット販売UP!!

 

ネット大手アマゾン初の…

 

年末商戦に向け、タブレット端末の販売競争が激化しています。
そんな中、通販サイト大手のアマゾンが、初めて取り組んだこととは。

 

タブレット販売UPへ
初リアル店舗を出店

 

11月28日の昼、表参道にできた50人以上の行列。
その先にあるのは。

 

アマゾン ジャパン
ジャスパー・チャン社長
「「キンドルファイア エンタメステーション」オープン!!」

 

通販サイトのアマゾンにとって、初めてのリアル店舗です。
アマゾンは28日、最新タブレット端末を発売。

 

キンドルファイアHDX
8.9インチ

 

7インチ

 

それに合わせ、端末を体験できる期間限定の店を開きました。
ところが店内には、なぜかキッチンやベットがあります。

 

アマゾン ジャパン
ジャスパー・チャン社長
「寝室もあります。他にキッチンとかリビングもあります。
キンドルファイアHDXは、どこでも使えるということなので、お客さまに実際に体験していただく。」

 

実際に使う場所を再現し、新商品の使い勝手の良さを、感じてもらう狙いです。

 

客の声
「きれいだね。」
「とても軽くてびっくりしました。」

 

タブレット販売UPへ
鍵はコンテンツ

 

さらにアマゾンは26日、有料動画の配信をスタート。
映画やテレビドラマ、アニメなど2万6000本以上を配信。
価格はレンタルで100円から、購入で1000円からです。

 

≫アマゾン・インスタント・ビデオへ

 

アマゾン ジャパン
ジャスパー・チャン社長
「キンドルは端末だけで無く、コンテンツを全てそろえたサービス。
本当にワンパッケージとして、お客さまに体験していただければ。」

 

タブレット端末、ネクサスを手がけるグーグルも、ゲームや音楽などを配信するグーグルプレイに10月30日、新たにテレビ番組を追加。
コンテンツの充実を図っています。

 

先行するアップルのiPadを含め、競争は激化。
勝ち抜く鍵はコンテンツにあると、専門家はいいます。

 

MM総研
横田 英明 取締役
「端末だけでは差別化ができなくなっているんですね。
なので次のビジネス、もう一歩先のビジネスとして、より良いサービスを提供できるかが、勝負のポイントになりますね。」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です