被写体を自動で追いかけるカメラとは?今までの製品と違う理由は?

 

被写体を追いかける

 

カメラマンが要らなくなるかも知れません。

 

相内さんを撮っているビデオカメラ。
追いかけるようにして撮ってくれていますが、実はカメラマンが撮っているのでは無く、自動で撮っているんです。

 

被写体追尾カメラ台

 

被写体の動きに合わせ、首を左右上下に振るビデオカメラ専用の台です。

 

パナソニック
リモートパンチルター

リモートパンチルターの

詳細はコチラ→→→

 

2014年モデル以降のパナソニック製品に対応しています。

 

リモートパンチルターに

対応しているカメラは

コチラ→→→

リモートパンチルターに

対応しているカメラは

コチラ→→→

リモートパンチルターに

対応しているカメラは

コチラ→→→

リモートパンチルターに

対応しているカメラは

コチラ→→→

 

Q.なぜこういった製品を開発しようと思ったんですか。

 

パナソニック
杉島 達也 さん
「ビデオカメラというものは、もともと誰かが撮影しないと撮れないという呪縛があったんですけれども、この商品によって、自動的に撮ってくれる」

 

ペットの動きに合わせ、映像を勝手に撮ってくれるので、猫と遊んでいるところを撮ってみました。

 

「ちゃんと猫を追ってますね」

 

Q.なぜこのカメラは、ゆっくりとしか動きを追わないんですか。

 

パナソニック
杉島 達也 さん
「速く動かすことも可能なんですが、後で見たときに見やすい心地いい映像にするために、わざとそういう風にしています」

 

見やすい映像を撮影するため、あえて速い動きには対応していないといいます。

 

外からでも、撮影のようすをスマートフォンやタブレット端末で、確認することができます。
外からカメラをコントロールして、防犯カメラのような使い方もできます。

 

価格は、1万7850円で年間6000台の販売を目指しています。

リモートパンチルターの

詳細はコチラ→→→

 

パナソニック
杉島 達也 さん
「ビデオカメラ自体は、画質が良くなっていますが、いろいろな使い方をしていただきたいと思っておりますので、ニーズを掘り下げて、いろいろなものを出していきたいなと思っております」

 

似たような製品はパナソニック以外にもあるんですが、ズームしたり縦の動きというのは新しいということなんですね。

 

2つ被写体があった場合は、より動いている方にズームしていったりします。
会議の議事録などにも使えそうですね。

 

リモートパンチルターの

詳細はコチラ→→→

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です