ハイブリッドカーの燃費を向上させるスマートエコグリルとは?仕組みは?価格は?

 

地元も応援
“世界のエコ”

 

今回の商品なんですけれども、どんな商品か教えていただいてもいいですか。

 

「ハイブリッドカーの燃費を向上させる装置を開発しました」

 

トレたま宛に大勢の地元企業のメーセージ付きで送られてきた製品。
それは、ハイブリッド車のフロントに取り付けて燃費をアップさせるというものだったんです。

 

エコ車がさらにエコ

 

この商品、ドライヤーで温めるとバネが伸び、前面のふたが開きます。
逆にコールドスプレーで冷やすと、バネが縮み、ふたが閉まります。不思議ですね。

 

実はバネには、温度で伸縮する形状記憶合金が使われていました。

 

冬場のハイブリッド車は、冷たい空気が大量にエンジンルームに流れ込むと、エンジンが中々温まらず燃費が低下します。

 

そこで形状記憶合金を使い、気温の変化によって自動で開閉する装置を開発しました。

 

AMS開発者
戸田 晴伸 さん
「渋滞している場所であったり、一般道、高速道、あらゆるシチュエーションでテストをした結果、平均で9.4%最高で15%の燃費向上が確認できています」

 

日本での特許はもちろん、国際特許も手続き中ということで、夢は広がりますね。

 

スマートエコグリル

 

3万9600円~

 

プリウス向けの

スマートエコグリルは

コチラ⇒⇒⇒

アクア向けの

スマートエコグリルは

コチラ⇒⇒⇒

 

AMS開発者
戸田 晴伸 さん
「世界中のハイブリッドカーに装着されて、その分が省エネになると考えると、ちょっとワクワクします(^^♪」

 

地元企業も応援しています。

 

皆さん
「エコで快適!!」

 

エンジンをかけていない状態でも、外の温度に反応して開閉するということなんですけれども、今まではホームセンターなどで販売されている、棒状のゴムのクッション材を自分で詰めている人が多かったということで、今回開発したということなんですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です