ビットコイン市場消滅の衝撃!!400億円がパー!?

 

取引停止で損失400億円も

 

ネット上の仮想通貨、ビットコインを取引する世界最大級の取引所が、事実上消滅した問題で、利用者の損失は最悪の場合、総額400億円近くにのぼる恐れが出てきました。

 

400億円が消える?
ビットコイン市場消滅の衝撃

 

マウント・ゴックス
マーク・カーペレス CEO
「ビットコインは、リスクの高い投資だ。
コインを買うときは価値がゼロになることも考えておく必要がある」

2013年4月のインタビュー

 

かつてこう語っていたのは、世界最大級のビットコイン取引所、マウント・ゴックスのカーペレスCEO。

 

今は居場所は日本ということで、以下のコメントを出しています。

 

マウント・ゴックス
マーク・カーペレス CEO
「私は日本にとどまっており、問題解決に尽力している」

 

現在、取引所も事実上、消滅した状態となりました。

 

 

2月26日には、「サイトと利用者を守るため、すべての取引を停止する」との文書を掲載。
その本社があったビルには。

 

ビットコイン利用者
「法人として100万円。
個人として10万円くらい戻ってこない」

 

マウント・ゴックスには、利用者のコインを預かる銀行のような機能もあったため、多くの人が現金などに換えられずにいます。

 

欧米メディアは、およそ400億円近くが取り戻せなくなる恐れがあると指摘。

 

コインデスク
エミリー・スペイヴェン氏
「3億5000万ドル(約350億円)分のビットコインがマウント・ゴックスから盗まれた可能性がある」

 

ニューヨーク大学
アルン・スンダラージャン 教授
「ハッカーたちに盗まれたのだろう」

 

アメリカでは、ニューヨークの検察当局がマウント・ゴックスに召喚状を出したとの報道も。
そして。

 

菅 官房長官
「金融庁、警察庁、財務省で情報収集にあたっている。
さらに実態を把握した上で、必要ならば対応していく」

 

一方、ネット上には、マウント・ゴックスが新たな経営陣で4月から取引再開を目指すという、出所不明の文書が出回るなど、情報は錯綜しています。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です