緑内障の最新治療を紹介※失明を防ぐ、緑内障の最新検査とは?

 

緑内障の最新治療

 

日本国内の患者数がおよそ400万人といわれ、自覚症状がないまま突然失明することもある、緑内障の最新治療です。

 

失明を招く
緑内障

 

東京都内に住む、40代の男性。
20年以上、1日2回の点眼薬治療を続けています。
この男性は、視野が欠ける病気を患っています。

 

新聞がどのように見えているのか、書いてもらうと。

 

男性
「両眼で見た場合です。
下の部分は、見えるんですけれど、真ん中と上は視野が欠けてる、という感じですね。

 

家にデジタルの時計があったんですが、数字が見づらくなったので、眼科に行ったら緑内障です、そこで発見されたんですね」

 

男性が患っている病は、緑内障。
目の神経、視神経が損傷して視野が欠けていく病気です。

 

眼球の中は、房水という液体で満たされています。
房水は、眼球の中で絶えず作られ、静脈を通って排出されます。

 

しかし、様々な要因で排出する道が詰まると、房水が目の中に留まってしまいます。
すると目の中の圧力が高まり、視神経を傷つけて、失明に至ることもあります。

 

日本赤十字社医療センター
眼科
濵中 輝彦 部長
「緑内障は、日本人の失明原因の第1位で、全体の4分の1を占めます。
知らない間に、失明してしまう、失明に近い状態になってしまう、自覚症状がまったく無いのが一番怖い点だと思います」

 

緑内障の患者は、国内におよそ400万人いると推定されています。
40代から患者が増えます。
患者の多くは、気付かずに生活しています。
糖尿病や喫煙が、緑内障のリスクを高めるといいます。

 

気が付かないうちに失明を招く、緑内障。
その治療と検査の最前線を紹介します。

 

【PR】

≫高度な医療を学びたいあなたへ。<m3.com>医師の転職支援

 

失明を防ぐ
緑内障の最新治療

 

東京都内にある、日本赤十字社医療センター。
ここで、緑内障の新しい治療が行われています。

 

患者は40代の男性。
運転免許を更新するときの視力検査で、異常が見つかり、緑内障と診断されました。

 

患者の視野を調べた検査画像を見ると、健康な人の視野に比べ、緑内障がかなり進行した状態です。

 

男性患者
「早く病院に行っていれば、そうすればもっといい状態を維持できたんだと思うんですけど。
病院に行くのが遅すぎたな、ていう後悔は今しています」

 

男性は、新しい治療を受けることになりました。
今回の治療に使う器具が、用意されました。

 

バルベルトチューブと呼ばれる器具です。
シリコン製の白いプレートに、細い管が付いています。

 

医師が、顕微鏡を見ながらプレートを、まぶたと眼球の間に差し込んで固定します。
先端の細い管を、房水の詰まった部分に差し込み、房水をゆっくりと排出する仕組みです。

 

この手術は、チューブシャント手術と呼ばれます。

 

これまでの手術は、詰まった部分を切り、排出する道を作るため、房水が一気に流れ出てしまいます。
すると、眼圧が一時的に急低下し、傷が癒えるまでおよそ2~3ヶ月間、まったく見えなくなるという問題が
ありました。

 

新しい手術は、翌日には視力が戻ります。
およそ1時間で手術が終了しました。

 

チューブシャント手術は、2012年に保険適用になっています。

 

日本赤十字社医療センター
眼科
濵中 輝彦 部長
「非常に長期にわたっても耐久性、あるいは劣化してしまう、そういうことはまったく無い、という風に考えられているわけです。

 

選択肢が増えるという点で、大きな効果があると思います」

 

失明を防ぐ
緑内障の最新検査

 

緑内障で失明しないためには、早期発見が何より重要です。

 

検査に訪れた、70代の女性。
最近急に視力が落ちたといいます。

 

女性患者
「歩いていて、人の顔がはっきりわからない。
ぼんやり見えて、よく人違いをする。
自転車に乗ると、ぶつかりそうになるとか」

 

検査に使うのは、前眼部OCTと呼ばれる、最新の機器です。
微弱なレーザー光を使って、眼の構造を調べます。

 

検査が始まりました。
検査は、1分ほどで終わりました。

 

検査後、すぐに医師が説明します。

 

東京慈恵会医科大学
葛飾医療センター
眼科
高橋 現一郎 診療部長
「今の眼の状態を説明いたします。
水晶体が厚くなってきて、眼を前の方に押してきている」

 

女性患者の眼の検査画像を見てみると、房水を排出する部分が狭くなっていることがわかりました。
正常な人のおよそ3分の1です。

 

通常はこの後、眼圧などの検査をしますが、この患者はリスクが非常に高く、すぐに手術が必要だと診断されました。

 

この検査は、保険は適用されず、費用は3000円から5000円程度です。
関連の治療費には、保険が使えます。

 

これまで眼の構造を調べる検査は、医師がレンズを使って診ており、リスクの判断は医師によってまちまちでした。

 

東京慈恵会医科大学
葛飾医療センター
眼科
高橋 現一郎 診療部長
「患者の体の負担が少ないので、頻度多く検査できる。
見た目では無くて、客観的に数字で出せる。

 

5年前はこういう数字だったけど、今はこういう数字になった。
そのために眼圧が上がってきているとか、そういうことが分かりやすいということですね」

 

失明を招く、恐ろしい緑内障。
早期発見と早期治療が何より重要です。

 

【PR】

≫高度な医療を学びたいあなたへ。<m3.com>医師の転職支援

 

選択肢広がる緑内障治療

 

小谷さん
「緑内障というのは、原因が不明で、どちらかと言うと5年10年という長期で悪化していくタイプの病気らしいんですけれども、1割ほどは急に嘔吐する、だから内科に行くらしいんですけれど、頭が割れるように痛くなって嘔吐して、一晩で失明というケースも、中にはあるそうです。」

 

モルガン・スタンレーMUFG証券
チーフエコノミスト
ロバート・A・フェルドマン
「選択肢が多くなったということは、良いことですが、色々な治療方法がありますが、どうやって選択するか、即ち基準をどうするか、という問題が出てきます。

 

一つはもちろん、医療費です。

 

今の手術は、自己負担14万円、総コストが45万5000円ということですけれど、安いです。
失明するか14万円を出すか、という選択だったら絶対出しますよね。

 

だけどやっぱり値段だけでは無いですよね。

 

みかんかりんごかという選択では無いですね。
どの患者にどの治療が良いかということを選択するのは、医者の専門性がもちろんあるんですけれども、今の時代ですから、ビッグデータを使うと、いうことが凄く大事なポイントだと思います。

 

治療にビッグデータ活用を

 

ビッグデータを使えないのは何故なのか、ということですけれど、一つの障壁は、病気の分類が病院によって全然違うんですね。

 

だから、全国の分類を作れば、この患者はこういう治療が良い、あの患者はこういう治療が一番効果的だと、いうビッグデータを使って、緑内障もそうですけれど、選択肢を与えて選択していただく、そんな方向が今の時代に合っているのかな、と思いますね」

 

【PR】

≫高度な医療を学びたいあなたへ。<m3.com>医師の転職支援

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です