「ポンタ」ポイント=ツイッター“つぶやき”とヤフーポイントが「Tポイント」に統合

2013年7月18日に放送されたWBSの特集を紹介します。

 

ポイント戦略「空中戦」に突入

 

ポイントサービスの競争はネットにも波及してきました。

いろいろなお店でもらえるポイントですけれども、集めている方は多いと思います。 主なポイントカードとその会員数の比較です。

 

Ponta   5500万人

T-POINT  4600万人

楽天    8300万人

 

この中でPonta陣営がSNSのツイッターとの連携を発表しました。 今、ポイントによるお客の囲い込みは、ネット企業も巻き込んでいわば、「空中戦」に突入したようです。

 

ポイント競争「空中戦」

「つぶやき」でポイント加算

 

7月18日の記者発表会は、ちょっとユニークです。 ツイッターのロゴの前に、ポイントサービスのPontaのキャラクターが置いてあります。 両社が連携して、どんな取り組みを始めるんでしょうか。

 

ロイヤリティマーケティング

IDマーケティング事業本部

佐藤 温 氏のコメント

 

「ハッシュドポンタ」というサービスを提供することになりました。 “つぶやく”だけでキャンペーンエントリーが完了する。

 

ツイッタージャパン

葉村 真樹 氏のコメント

 

「世界初の取り組みになります。 企業のマーケティングの目的としてツイッターを活用してもらう、新しいケースです。」

 

「ポンタ」ポイント=ツイッター“つぶやき”

 

ツイッターでのつぶやきが、ポンタのキャンペーンポイントにつながるという、今回のサービス。 その仕組みとは? ポンタを運営する企業を訪ねました。

 

ロイヤリティマーケティング

IDマーケティング事業本部

佐藤 温 氏

 

「現在、キャンペーンを行なっていますので、ハッシュタグを付けてツイートする。」

 

ハッシュタグと呼ぶ、決められたキーワードを付けてツイートします。 すると数分後、キャンペーン登録完了。 ポンタの会員であれば、ツイートするだけで後日ポイントがもらえる仕組みです。 ポンタの参加企業のキャンペーンに利用します。

 

Q.つぶやくという行為に、ポイントを渡すくらい価値がある行為なんですか?

A.ツイッターが日常で使われるサービスというところが大きい。 キャンペーン情報がユーザーにつぶやきで拡散するので、価値を見出してもらえると思う。

 

今回、このサービスへの参加を発表したのは、旅行会社のH.I.Sと日本ケンタッキー・フライド・チキンです。

実際に2013年9月からキャンペーンを始めるケンタッキー・フライド・チキンの場合はどういうイメージなのか、 やってみます。 例えば、「#KFCチキンを食べたい!」と入力して、ツイッターでつぶやきます。 そして実際のお店でチキンを買います。

チキンを購入し、ポンタカードを提示します。 チキンを購入して、ポンタカードを提示することによって、通常の購入に加えて、つぶやいた分のポイントが さらに後日もらえる、ということなんですね。

 

ケンタッキー・フライド・チキンはツイッターでの広告配信はこれまでも実施していましたが、 ポンタと組むことで、より実際の来店に結びつくのではないか、と期待しています。

 

日本ケンタッキー・フライド・チキン

デジタルCRM推進室

干場 香名女 室長のコメント

 

「実際にどれくらいのお客が広めていただいて且つ来店していただけたか、検証できるのが非常に魅力的だと感じています。」

 

ポイントカード競争激化の中、欠かせない戦略だと言います。

 

ロイヤリティマーケティング

IDマーケティング事業本部

佐藤 温 氏のコメント

 

「SNSは非常に無視できない存在ですので、サービスの質を高めて、新しい提携企業を増やすのが狙い。」

 

 

ポイント競争“空中戦”

リアルとネットの融合

 

顧客の争奪戦を繰り広げるポイントビジネス。先に仕掛けたのは「Yahoo!」です。

 

Yahoo! 決済金融本部

田鎖 智人 本部長のコメント

 

「7月1日からヤフーポイントのページが全面的にTポイントに切り替わっています。 Tポイントカードの下にあります、番号を入れて、生年月日を入れるだけで、今まで別々だったTポイントの残高と ヤフーポイントの残高が一つになります。 境目なく、リアルでもネットでも同じようにポイントが溜まって使える、 というような世界を提供することが可能になって行きます。」

 

ヤフーは、Tポイントを運営している「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」と連携し、自社サイトの買い物で溜まった ヤフーポイントを7月から「Tポイント」に統合しました。 会員数は、Tポイントの4600万人にヤフーポイントの会員2700万人も加わります。

 

六本木の飲食店では、新たにTポイントの加盟店になりました。 ヤフーが開発したTポイントの小型の専用端末機を使うことで、簡単にTポイントの入力ができます。

導入後、およそ2割のお客がTポイントカードを利用しています。

 

飲食店の社長のコメント

「今後は、Tポイントで雨の日とか予約の無いときに、Tポイント5倍とか10倍とか、そういう形で販促につなげていきたい。」

 

こうした個人店舗などがTポイントのグループに入ると、ヤフーのサイトに無料で紹介されます。

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブ

村山 晴男 ユニット長のコメント

 

「今まで我々はリアル、地上戦がメインのフィールドでしたが、今後はいわゆるネットの世界、空中戦の世界でも ポイントが貯まる・使えるサービスを受けられる世界を作り上げて行きたい。」

 

ポイントをめぐる覇権争い、リアルとネットの垣根を越え、新たな時代に突入しました。

 

ポイントがお客を囲い込む上で効果があるのは、以前から知られていましたけれども、 ネットと組むことで2つのメリットがあると言われています。

一つはつぶやきが拡散する、口コミが広がって、勝手に宣伝してくれるという点。 それプラス、実際につぶやいてから来店したかどうかまでも追いかけられるわけです。

ということは、その辺りの効果についても検証できるということで、 新しいマーケティングの取り組みとして面白い。

 

「行動が全部ネットで追われているので、ちょっと困る。」と小谷さん。

 

もちろん個人情報は保護した上で利用するのは大前提です。 テレビのようなマス媒体と組んでも新しい動きができるんじゃないか、と各社が言っていました。

 

 

Tポイントを貯めるなら、こんなサービスがあります。
まとめてみましたので、利用してみては。

 

国内・海外旅行の予約は【Tポイントが貯まる・使える!】Tトラベル

 

 

海外通貨両替の手間、省けます!


Tポイント付きキャッシュパスポート

Tポイント付きキャッシュパスポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です